ヒアルロン酸でシワ解消

シワ解消のためによく使われている成分のヒアルロン酸ですが、
ヒアルロン酸を塗るだけでシワがきれいさっぱり無くなるわけではありません。
ヒアルロン酸による保湿によって、お肌の乾燥を防ぎ、みずみずしいお肌へ導いていきます。

シワの大きな原因が「お肌の乾燥」ですので、高い保湿力のあるヒアルロン酸は、シワ対策にはとても重要な働きをします。

お肌が充分に保湿された状態であれば、内側からのハリも出て、シワが目立たなくなる効果も期待できます。

お肌の外側からヒアルロン酸を補給するには、化粧品にヒアルロン酸が配合されているものを使うのが現実的です。

また、お肌の外側だけでなく、体の内側からヒアルロン酸を補うために、サプリメントやドリンクなども積極的に取り入れていきます。

他にも、ヒアルロン酸を注射によって注入することで、お肌のハリがでて、シワをなくす方法もあります。

ヒアルロン酸注入は、美容整形や美容皮膚科などで受けることができます。

ヒアルロン酸注入の一般的な相場は、一回につきおよそ3万円から5万円程度です。
即効性があり、手術などよりも気軽に受けることが出来るため、人気の高い施術ですが、
ヒアルロン酸注入にも弱点があります。

持続性がないことです。

およそ3ヶ月から半年程度でその効果は無くなってしまうため、
定期的な注射が必要になってきます。

最近では、その気軽さから
同窓会の前などにヒアルロン酸注入を受ける人も多いそうです。

タグ

2010年11月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:シワとたるみ

シワやたるみの原因は間違ったお肌のお手入れ?

「シワ取り化粧品」として販売されているクリームや美容液。
これらは、塗ってすぐにシワが無くなるというものではありません。

シワをすぐに取りたいならば、美容整形の手術を受けるのが
最も早い解消方法です。

「シワ取り化粧品」として売っているものは、いわば
「シワを目立たなくする」か「シワを予防する」のどちらかでしょう。

しかし、間違った使い方をすれば、シワが取れるどころか
シワを増やしてしまうこともあります。

シワ解消のためのコスメには、
コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、レチノール、コエンザイムQ10、などが配合されています。

たとえば、ヒアルロン酸は、水分の減少を防ぎ、お肌のハリを向上させます。
コラーゲンは、お肌の保水能力を高め、乾燥を防ぎます。
コエンザイムQ10は、高い抗酸化作用によって、肌老化を防ぎ、肌細胞の若々しさを保ちます。

シワの原因がお肌の水分量の不足であれば、油分だけを与えていてもシワは解消されません。
逆に、お肌の油分が不足しているのに、水分だけを与えても効果は上がりません。

また、シワやたるみが出来やすいお肌の人は
基礎化粧品の間違った使い方をしている場合も多く見られます。

・お肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうようなクレンジングを使用している。
・化粧水や乳液を使う量が少なすぎる、または多すぎる。
・使っている化粧品がお肌に合っていない。
・クリームを塗るときに、必要以上にお肌をこすっている。

これらの場合には、
まず、洗顔を見直すことと
お肌に合う化粧品で必要な分の保湿と油分の補給をし、
お肌のこすりすぎにちゅういすることで、
シワやたるみが徐々に解消されていくこともあります。

説明書きに「手でつける」と書いてある化粧水は手でつけるべきですし
「コットンに取る」と書いてあれば、コットンを使用すべきです。

また、使用量の目安もしっかりと確認し、ご自分のお肌に合わせて微調整する必要があります。

化粧水・乳液・美容液・クリームの使用する順番も
それぞれのコスメによって異なっていますので
しっかりと確認して使うことが重要です。

タグ

2010年11月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:シワとたるみ

シワとたるみをケアする方法

シワやたるみがあると、実年齢以上に老けて見えてしまいます。
どんなに着飾っても、
どんなにメイクで隠そうとしても、
どんなに若作りをしても、
年齢同等に見られればまだいい方。
場合によっては、実年齢よりも10歳以上年上に見られることもあります。

若々しく見られたいのならば、
高価な洋服を着るよりも、
髪型を変えるよりも、
シワとたるみをケアしてはいかがでしょうか。

最も早くシワ・たるみを解消する方法は、
美容整形で手術を行ってもらうことでしょう。

【メスを使った手術】髪の生え際など、目立たない場所を切開し縫い縮めることでリフトアップ。
【糸でリフトアップ】毛羽立った特殊な糸を皮下に埋め込みたるみやシワをつり上げます。
【注射】ヒアルロン酸やボトックスなどを注射し、シワ・たるみを解消します。
【機器を使う方法】レーザーやサーマクールなどの機器を照射してケアします。
【脂肪吸引】脂肪が原因でたるみが出ている場合には、余分な脂肪を減らすことで、たるみを解消します。

たとえば、メスを使った手術によって
顔全体のシワやたるみを引き上げる場合には、
かかる費用は約100万円。

若返るためなら「お安い」価格ですが、
簡単に出せるものでもありません。

また、エステなどの小顔コースやシワ・たるみケアなどのコースでも
納得いくまで通うとすると
100万円以上かかってしまうようです。

自宅で出来るシワ・たるみ対策はどうでしょうか。

まずは、毎日使う基礎化粧品を見直すことが一番の近道です。

紫外線対策とお肌の乾燥を防ぐことで
シワやたるみだけでなく
大人ニキビやシミなどの肌荒れを解消することができます。

冬の間だけではなく、
紫外線の影響やエアコンなどによる空気の乾燥で夏でもお肌は乾燥しやすい状態です。

保湿クリームが苦手な方でも、
さっぱりタイプや夏向けの保湿クリームなどで
十分な保湿を行うように心がけます。

タグ

2010年11月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:シワとたるみ

このページの先頭へ